宝飾品事業部 Antique jewelry Division 宝飾品事業部 Antique jewelry Division

事業概要

宝飾品《ブランド品・時計・ダイヤ・地金》などの卸業として、全国から買い集めたものを精錬・加工して納品・販売しています。その中からみなさまに最高の逸品を探し出してお届けいたします。また、買取においては、お客様のライフスタイルに合わせた、より便利で簡単なシステムを導入し、査定・買取方法の多様化を実現しております。

Staff Voice

  • 【宝飾品事業部】北原 旬稀

  • 【宝飾品事業部】中山 利之

  • 【宝飾品事業部】生澤 隆

  • 【宝飾品事業部】北原 旬稀

    この仕事が天職だと思っています。

    【宝飾品事業部】北原 旬稀

    先週、第2子が誕生されたという幸せいっぱいの北原さんにお話をうかがいました。

    ご誕生おめでとうございます!

    ありがとうございます。子どもと過ごす時間が一番の幸せ・僕の生きがいです。仕事中と家の中とでは、全然違う顔をしていると思います。会社のみんなには恥ずかしくて見せられないくらい、家に帰ったら全力で子どもとはしゃいでいます(笑)。今回、子どもが生まれるということで1週間お休みしているんですが、こうして人生の大切なイベントの際にも会社が柔軟に対応してくれる環境があるのは嬉しいですね。

    QUATTROに入社したきっかけを教えて下さい。

    専門学生の頃にガソリンスタンドでアルバイトをしていて、そのときに車検やタイヤの販売営業というのもやっていたんです。給油に来たお客さんにどうですかーって、よくあるやつですね。もともと「人と話すのが好き」というのもあって、それがけっこう面白かったんです。それで、自然と営業職に興味を持つようになりました。いざ就活を始めて、会社を選ぶ決め手になったのはインセンティブの高さです。ガソリンスタンドのときは、車検1件契約したとしても歩合が100円くらいにしかならなかったので、そこがしっかり還元されるお仕事をしたいと思って、見つけたのがここでした。この1社だけ受けたらすごくドンピシャな会社で。選んでよかったです。

    お仕事で大変なのはどんな場面ですか?

    僕、寒いのが苦手なので、真冬の営業が一番大変ですね…。でもそれ以外は、お客さんとのやり取りの中で大変だなぁと思うことはないです。やっぱりもともと人と話すのが好きですし、相手が困っていることを解決してあげられるのはとても気持ち良いです。気を付けているのは、相手が楽しんでくれるような趣味の話題などを取り入れること。そして自分ではなく相手に話してもらうこと。9割はお客様のお話を聞いています。例えば、最初に自分の子供の話をすると「こんな育て方をすると良いよ」と、皆さんとても親身にアドバイスをしてくださったりして、そこで一気に打ち解けることができるんです。長いときは1時間くらいじっくりお話しさせてもうらこともありますね。僕はゴリゴリと営業できるタイプではないので、こうしてしっかりコミュニケーションを取ることを大切にして、最後の締めには「頑張ってね!」と言ってもらえるような、そんな関係づくりを意識しています。自分としては、この仕事がすごく楽しいですね。天職だなぁと思います。

    モチベーションを維持するための秘訣はありますか?

    僕の目標は年間1位を維持すること。そこをずっと狙って取り組んでいます。でもそれってあくまで個人の”数字”の競い合いじゃないですか。数字だけで決まるものなので、だから逆に12ヶ月の中の1ヶ月・2ヶ月調子悪い日があってもあまり気にしません。1年通して1番になれれば良いかなって、バランスとりながらやっています。
    あと、毎日のルーティンを大切にしていて、毎朝5時に起きたら一通り家の掃除をしてから自分の支度をして出勤するようにしています。掃除をすると色んなことが見えるようになるし、なんだか運気が上がるような気がするんですよ。この仕事を始めてからは、毎日欠かさずこのルーティンを繰り返しています。

    どんな人が活躍できる仕事だと思いますか?

    僕は小学2年生の頃からずっとバスケットボールをやってきました。インターハイにも出場して、将来はプロを目指すことも視野に入れて専門学校に進んだんですが、なかなか道は険しくて。そこでプロへの道は断念したんですが、でも長年スポーツ一筋にやってきたこともあってやっぱり負けたくない・勝ちたいという気持ちは人一倍強いのかもしれません。そういう気持ちを持っていることは大切ですね。
    それから、私立高校・専門学校を経て奨学金の額がとても大きかったんです。だから、何が何でも稼がなきゃ!やらなきゃ!という意識も強いです。成し遂げなければならない、という気持ちを持っている人は強いと思いますよ。

    今後の目標を教えてください。

    昔から「将来は社長になりたい」という気持ちがあります。何をやるかとか具体的なビジョンは全くないんですが、営業の仕事をしていく中でやりたいことを見つけられたら良いなと思っています。そのためにも、社内でも社外でも、もっとたくさんの経営者と関わっていきたいですね。正直、ちょっとまだ自信はないんですけど…もやってみなきゃ分からないので。まだ先の話ですが、そこを目指して頑張りたいです。

    子どもと過ごす時間が僕の生きがいです。
    同僚との家族旅行もまた行きたいなぁ。

  • 【宝飾品事業部】中山 利之

    何よりもやはり”人”が大切ですね。

    【宝飾品事業部】中山 利之

    紳士でプロフェッショナルな中山さんにお話を伺いました。

    これまでのご経歴を教えてください。

    私はハタチの頃からずーっとこの宝飾の業界1本でやってきました。前職でもやはり宝飾事業で役職についてやっておりました。ご縁あってQUATTROにきてやっと1年ほどですかね。今まで背負っていた会社の看板を降ろす、ということに不安も戸惑いも感じたことは事実です。ただ、人生1回きりですしやってみよう、まぁどうにかなるだろう、と途中から開き直りまして。えいやっと、転職してきました。それが昨年の2月のことです。コロナの真っただ中ではありましたが、どうにかこうにか利益を上げることができました。これができたのも本当に周りの方々のお陰ですね。会社の看板というよりも「中山さんよろしくね」という関係をこれまで築いてきたことが、結果として現れたのかなと思います。対・会社というよりも、『人』で商売をすることの大切さを改めて感じましたね。本当に皆様のお陰で成り立っているなと思います。

    お仕事をする上でのモットーを教えてください。

    若い頃は、すごくカッコつけようと思って「今この目の前にある商売で、でっかい利益作ってやろう!」という瞬間的なものにばかり目が行ってしまっていました。でも、今この歳になって、結局は大切なのは「人」なんだということをつくづく感じています。「信頼できる人とどれだけ巡り合えるか」「お互いが極力win-winになるような状況をいかに数多く作れるか」ということを意識するようになってから、商売も安定してきたように思いますね。きっと若い頃やっていた衝動的な・ギラギラしたやり方って、今振り返れば諸先輩方には見抜かれていたんでしょうね(笑)。商売は難しいです。ちょっとのミスで信頼を失ってしまいますし、担当者の方とどう付き合うかで結果が大きく左右されることも多々あります。だから僕は、なるべく社長や部長など上の方としかお話ししないようにしています。そうでないと、伝言ゲームになってしまうからです。相手に本当に伝えたいことは、直接でないと細かなニュアンスが分かりませんし、そのまま話が頓挫してしまうこともあるので。まぁ、結局は「人が大事」ということです。

    QUATTROはどんな会社ですか?

    企業によって様々カラーがあると思いますが、QUATTROは僕が今まで経験してきた会社と比べても上司との関係がフランクだと感じています。僕らの世代とかだと、「上司・先輩は怖いもの!目が合ったら直立不動!」くらいの感覚なのですが(笑)、ここにはそういったものはありませんね。社長・上司と社員との距離が近いですし、接し方も非常にソフトです。ですので、若い世代のみなさんはそこを使わない手はないと思いますよ。分からないことはどんどん聞いた方が良いですし、じゃんじゃん相談したほうが良いですよ。苦しいことがあれば、1人で思い悩んで辞めてしまうのではなく、周りに吐き出してください。心に秘めていても、人には伝わらないですからね。「あとで後悔するくらいなら今言っちゃえよ」と、僕は思うんですけどねぇ。ここにいる上司は、みんなそういうことを受け止めてくれる懐が深い人ばかりなので、大丈夫ですよ。
    そして、米井・神林のツートップは本当にパワーがあります。事業も非常に幅広く展開しており、活躍できる場所もたくさんありますし、それぞれに魅力もやりがいもあります。だからどうぞ、安心して身をゆだねてきてくださいね。

    休日は家の用事を片付けていることが多いです。
    でも余裕があれば仲間とサッカーをしたり、バス釣りに
    行ったり温泉に浸かったりしてリフレッシュしています。

  • 【宝飾品事業部】生澤 隆

    この会社に入ったからには、大船に乗った気分でいなさい!

    【宝飾品事業部】生澤 隆

    ユーモアいっぱいで後輩思いの”いくさん”にお話を伺いました。

    今のお仕事内容を教えてください。

    スーパーやショッピングモールの一角をお借りして、買取をおこなっています。県内に限らず、様々な地域でやらせてもらっているのでホームシックになることもしばしば。でも、以前やっていた飛び込み営業とか、接客業とかでの経験をバッチリ活かせているお仕事ですね。それに、もともと話すことは大好きなので!八方美人なんですよ。聞き上手8割・話し上手2割くらいが丁度良いのかなー、なんて思いながら沢山しゃべっています。私たちがご提供しているのは、常にお客様に喜んでいただけるサービスばかりなので「あなたに会えて良かったわ!」と感謝されることもあり、それはとても嬉しい瞬間ですね。大変なこともありますがこの一言で報われます。お仕事するうえでは忍耐と継続が大事。それを乗り越えたらちゃーんとご褒美が待っているんですよね。

    QUATTROはどんな会社ですか?

    とにかくみんな笑いのセンスがありますねぇ。僕もけっこう自信あったんですけど、柏本社の◯◯次長には笑いでは勝てません!とても雰囲気が良い会社です。1人1人に対して熱い気持ちになってくれる仲間がいますよ。それに、これだけ成長できている会社なので基盤もガッシリある。やっぱり社長たちは、時代の先を読む力が優れているんだと思います。顔も広いですし。それがこの成長の要因ですよ、きっと。あとは社員がみんな若い!僕はQUATTRO創業時からの古株メンバーなので、今いる社員たちはみんな自分の息子・娘たちのようなもの。自分で言うのもなんですが、そんな可愛い後輩たちの相談役も務めています。上司には直接言えないことも「いくさんになら」って話してくれたりするんです。社内の緩衝材なんですよ。

    どんな経験が今のお仕事に活きていますか?

    僕は昔から”前に出たい人”でねぇ。若い頃バンドを組んでいたんですけど、最初はギターからスタートしたはずなのに気付いたらボーカルやって、果てにはMCでめっちゃしゃべる人になっていたり(笑)。”おしゃべり”のスキルは昔から培われているものかも。あとは、サッカーのコーチやっていた時なんかも、やっぱりコミュニケーション能力は鍛えられていましたね。相手が子供だろうが大人だろうが、小さなところまで気配りをすることが大切なんだなぁと学びましたよ。まぁでも、僕のやり方はあんまり真似すんなよとみんなには言っています(笑)。みんなちゃんとQUATTROの綺麗なレールの上歩いてください。僕はちょっと踏み外れたでこぼこ道歩いていくので(笑)。でもこうやって少し外れたところでチャレンジしていくポストも必要なのかな、と思っています。それに、自分のやり方は自分で見つけていった方が良いですしね。十人十色です。自分のカラーを是非見つけてください。

    後輩・新人の皆さんへメッセージをお願いします。

    このQUATTROに入社したからには、もう大船に乗った気でいて大丈夫だよ!と言ってあげたいですね。僕も、新しいことにチャレンジするときなんかは結構不安になるんです。それでも、清水の舞台から飛び降りるような気持ちで、えいやっと飛び込んでいます。それができるのは、たぶんこの会社の頑丈な基盤に安心しているからなんです。だからもっともっと、たくさん頼ってほしい。活躍できる子っていうのはね、しんどいときにしっかり相談できる・SOSを自ら出せる子でもあると思っています。でも本当はね、コロナがなければ毎年運動会とか忘年会とかやって、顔を合わせてコミュニケーション取れる場が作れていたんです。ここ最近で辞めてしまった子たちには、そうした関わりを持つ場面が少なかったことも一因なのかなと歯痒い気持ちです。もう早くコロナ消えなさいよね!みんなで顔を合わせて集まれる日が戻ってほしいですが、それまでは僕のところでもいいので、1人で抱え込んでしまわずに悩みを打ち明けてほしいです。一緒に乗り越えていきましょうよ。

    休日はひたすらこどもたちのサッカーに奔走!
    慌ただしくも幸せな時間です!